『竜の道』【7話】ネタバレ感想~美佐の想いは竜一に届くのか?~

今回は、『竜の道』第7話を紹介します。

第6話では、竜一が霧島追放を目論見ますが、結局失敗に終わりました。・・・

第7話は、霧島が殺人???というお話です。

そんな中、竜二のまゆみに対する想いが明かされ、美佐の竜一への気持ちも・・・

以下、第7話のネタバレです。

\竜の道はFODとユーネクストで見逃し配信中!/

 

竜の道【第7話ネタバレ】

 

竜二の裏切り?

霧島急便の運転手が過労死し、竜二(高橋一生)はそれをもみ消した。

「どうせ継ぐなら、日本一の運送会社がいい」という竜二に、霧島(遠藤憲一)は微笑んだ。

一方竜一(玉木宏)はキリシマ急便のコンサルを降ろされ、晃(細田喜彦)のことを切り捨てた。

後は竜二が霧島の信頼を得る作戦に切り替えたように思えたのだが・・・?

 

・新たな罠の全貌

霧島が固執していた新規契約は、競合の他社に後れを取っていた。

焦った霧島は曽根村(西郷輝彦)を尋ねるが、そこでヤクザ世界の“ごみ処理”を知る。

竜一はキリシマ急便をクビになった腹いせに、内部告発をした元幹部・二見に声をかけ、霧島を脅すように仕向けた。

これで霧島が曽根村に二見のごみ処理(殺し)を依頼すると目論んだのだ。

竜一は二見殺しを依頼する霧島を映像に収め、霧島を失脚させたかったのだ。

二見は金欲しさに竜一の誘惑に乗り、霧島はそれに応じるのだった。

 

・芙有子の死後まゆみは?

芙有子(斉藤由貴)の死後立ち直れないまゆみ(松本まりか)は、美佐(松本穂香)を家に呼んで話した。

美佐は「兄は和田さんに復讐を手伝って貰っていると、疑っていた」と、まゆみに言うが、今は疑っていない。

「兄はまゆみさんに本気だと思う」と美佐が言うと、安心したまゆみは「和田とくっつけば?」と美佐に助言する。

 

・竜二とまゆみ

まゆみは竜二に、「やっぱり、美佐の初恋は上の兄貴だった」と告げる。

まゆみは竜二に心の救いを求めていた。

自分を試すようなまゆみに、竜二は芙有子の手紙を見せ、さらにまゆみの心を手繰り寄せるように抱きしめた。

 

・凛子の心配

美佐の心はやはり竜一にあった。

しかし凛子(奈緒)も、密かに不吉な予感に震えていた。竜一が心配なのだ。

竜一は最後の仕上げにかかる。凛子を霧島の件から外したことで、それを察知したのである。

 

・竜一と竜二の作戦

竜一は霧島を訪ねて「自分も二見に脅されて金を払ったが、その後もつきまとわれている」と匂わせた。

その後竜二も追い打ちをかけに現れた。

芙有子の手紙を霧島に持ち込み、霧島の弱みを揺さぶったのである。

「奥様も生きていれば、新規事業を喜んでくれたと思う。」

霧島は芙有子の遺骨を抱きしめ、亡き妻に事業の成功を誓った。

そしてとうとう曽根村に、二見のごみ処理を頼むのだった。

霧島は二人の術中にはまった。曽根村は証拠映像を隠し撮りし、竜一に連絡した。

しかし曽根村は源平からも金を受け取っている。その約束通り本当に二見を殺しにかかった。

元々竜一は頃合いを見計らって、二見を海外へ逃がすつもりだった。

本当の殺人までは望んでいなかったのだ。

しかしそんな竜一の甘さをあざ笑うかのように、曽根村は言った。

「お前が二見を殺せ、そうしたらデータを渡してやる。」

曽根村は竜一の思惑を遥かに超えた、恐ろしい男だったのだ。

 

・竜二の説得

竜一は殺人実行へ追い込まれたことを、竜二に話した。

竜二は言った。

「俺がキリシマ急便の後を継げば、霧島から何もかも奪える。」

竜一は、美佐を思っている竜二にそこまでさせたくなかった。

しかし竜二は、「美佐が好きなのはお前だ。今は竜一に似ている和田に惹かれている」と、言いきる。

「俺はまゆみを愛する。あの女を犠牲にしない。」

それが竜二の本音だった。

 

・美佐の想いと竜一の危機

その頃美佐は、和田は竜一かもしれないと、疑惑を持ち始めた。

竜一の会社を訪れた美佐は、その疑惑を竜一に話した。

「もし事情があって、上の兄が妹に他人のふりをしているなら、それでもいいんです。ただ妹は、兄たちが破滅に向かっている気がしてならなくて、どうしたらいいのか解らずにいます。」

二人が不幸なら、美佐も幸せではいられないのだ。

「沖という記者が叔母を訪ねて来たそうです。竜一は生きていると疑っています。」

それを聞いた竜一は氷ついた。

そして沖が竜一を訪ねて来た。

「こんにちは、矢端竜一さん。」

 

竜の道』第7話の感想

霧島源平は二人の術中にはまり、二見殺しを曽根村に依頼しました。

しかし曽根村は、やはり竜一より上手のヤクザの大ボスでしたね。

データと引き換えに、竜一に二見殺しをやらせるということは、以前あった、「曽根村=竜一の本当の親?」説は、消えたということになりますね。

 

次に、視聴後のみなさんの反応です。

今回も共感できるツイートがいっぱいです!

美佐の竜一に対する想いの伝え方が、本当に良かったですね。

さすが教師だ!

 

今回は、『竜の道 二つの顔の復讐者』第7話を紹介しました。

霧島がヤクザに殺人を依頼し、転落人生目前でしたが、そのためには竜一が道連れにならなければならない、という条件がついてしまいました。

まゆみを犠牲にしないで愛すると決めた竜二に、素直に「それでいいよ」と思えただけに、二人の結末が恐いですよね。

次回、第8話は最終回になります。本当に楽しみですね!