【半沢直樹2】高坂(吉沢亮)の役どころは?浜村(今田美桜)との関係とエピソードゼロのあらすじ!

半沢直樹2の第3話になんと吉沢亮さん演じる高坂が出演します!

高いスキルを持つプログラマーの高坂はスパイラルの社員で、半沢直樹2に先立って放送されたエピソードゼロで活躍したキャラです!

ここではエピソードゼロのあらすじを含めて高坂のキャラや浜村(今田美桜)との関係についてもまとめていきます!

ちなみにエピソードゼロはパラビで配信中です!

パラビ公式サイト

2013年版の半沢直樹の見逃し配信も含めてみたい人はチェックしてください!

【半沢直樹2】高坂(吉沢亮)の役どころは?

高いスキルを持ったプログラマー

高坂は新人プログラマーとして尾上松也さん演じる瀬名が社長を務めるスパイラルに所属しています。

学生時代はプログラムのコンテストで優勝するなどその腕前は確かなもの

しかしスパイラルに所属する前は仕事が長続きせず様々な会社を転々としていました・・。

仕事が長続きしなかった理由とは?

学生時代一緒にプログラムのコンテストに出演したのが、北村匠海さんが演じる黒木亮介。

ちなみに黒木亮介は特別プログラマーとしての技術はありません。。

そこで、黒木亮介はいいバイトがあると高坂にホームページ作成のバイトを持ってきます。

しかしその時依頼されて作ったサイトはいわゆるフィッシングサイト(詐欺サイト)

その結果、高坂は何も知らなかったとはいえフィッシングサイトを作成したことを理由に警察に連行されてしまい、不起訴となるもののネットニュースに名前が残ってしまいます

その後高坂は仕事につくも、ネットニュースの噂が広まることを恐れ会社を転々とし、スパイラルにもその過去を隠し就職します。

エピソードゼロでの高坂の活躍は?

高坂はその実力を認められ、瀬名の友人でもありスパイラルの社員でもある加納(本編ではスパイラルを辞職)から新人ながらプロジェクトのリーダを任せられます。

そのプロジェクトとは「東京セントラル証券のトレーディングシステムの入れ替え」

そこで東京セントラル証券の浜村(今田美桜)と出会います。

浜村との出会いから半沢が敵に立ち向かって戦う話などを聞きながら、これまで自分に自信を持てなかった高坂はリーダーとしての自覚を持ち、「東京セントラル証券のトレーディングシステムの構入れ替え」のプロジェクトに力を注ぎます。

そんな中でそのシステム入れ替えプロジェクトを利用した詐欺事件が発生し、高坂は自身のプログラムの技術を使って事件を防ぐことに成功

見事スパイラルの社員として堂々たる結果を残すことに成功したのです!

高坂(吉沢亮)と浜村(今田美桜)との関係とは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今田美桜(@imada_mio)がシェアした投稿

プロジェクトを進める中で出会った高坂と浜村の2人。

最初は高坂のぶっきらぼうな態度に嫌気がさしていた浜村も、交流を深める中で徐々にお互いについて理解していきます。

そんな中詐欺事件の犯人に仕立て上げられそうになった浜村。

浜村がそんなことをするはずがないと詐欺事件の解決に動いた高坂は結果的に事件を解決し、浜村を助けることができました。

そして番組のラスト。

浜村が見ていたスパイラルの占いサイトで「意中の相手に秘密を打ち明けてみて」とのアドバイスから高坂にある秘密を明かします。

つまり意中の人=高坂と言うことです。

おそらく高坂も浜村のことが気になっている様子があったので2人が両思いであることは確か。

しかしここでエピソードゼロは終了。

もしかするとその後二人が付き合ていることは無きにしもあらず・・!

そして第3話に高坂が登場!と言う流れになるのです!

まとめ

以上高坂の役どころ、そして高坂と浜村の関係についてまとめました!

半沢直樹2をより楽しむにはエピソードゼロは見ておくべき話ですね!

まだチェックしていない方はパラビ公式サイトをチェックしてみてください!