アンサング・シンデレラ【2話】ネタバレ感想!~葵の子供向け服薬指導とは?~

今回は、『アンサング・シンデレラ』第2話を紹介します。

第1話では、薬剤師という仕事と、萬津総合病院で働く薬剤師・葵みどりの性分が描かれていました。

今回は薬の副作用の恐さと、子供向け服薬指導のお話になっています。

以下、第2話のネタバレです。

アンサングシンデレラ全話見逃し配信中!
放送後1週間登録不要で見逃し配信中!

 

アンサング・シンデレラ【2話】ネタバレ

 

骨折患者・大宮清

骨折で入院している大宮清(小林隆)の肝機能の数値が上がっている。

「何か他に治療している病気があるか?」と葵(石原さとみ)が訪ねると、「何もない」答えるのだが、様子がおかしい。

その直後トイレで大宮が倒れ、意識不明の重体に陥る。不整脈が原因だが、葵は薬物の副作用と考えた。

常用している薬を知って対応したいのだが、他の病院で処方されたものは、本人がきちんと言わなければ、わからない。

葵は大宮の義娘・篠原麻利絵(大後寿々花)と共に、大宮の自宅へ行って調査をすることにした。

その結果、大宮が受診している病院もわかり、処方されていた薬がわかった。

原因はロペラミドの過剰摂取だと判明。ナロキソンを投与することで容態は安定した。

 

麻薬取締官の調査

葵が大宮のことで時間を取られている間、薬局は大騒ぎになっていた。

麻薬取締官が、医療麻薬の管理に落ち度がないか調査に来るからだ。

しかし薬局内の調査で、フェンタニルの数が一本足りないとわかり、その原因究明と対応に追われていたのである。

まずは、帳簿のチェック忘れが荒神(でんでん)にあったことがわかった。

次に医師は念のために薬を準備しただけで、実際は使用せず、まだ病棟内の金庫に残っていることが判明した。

医師からそのことを聞きだした相原(西野七瀬)は、急いで金庫を開け、無事未使用の薬を飯田(真矢みき)へ手渡した。

結果帳簿と在庫の誤差はなくなり、間一髪で麻薬取締官の調査を乗り切ることができた。

 

薬剤師は薬を渡して終わり?

葵と刈谷(桜井ユキ)は、周りから「正反対」だと思われている薬剤師だ。

患者一人一人に時間をかけて関わりすぎる葵に対して、刈谷は「それでは利益が上がらない」という持論を持っていた。

薬局も効率よく利益を上げなくては、院内薬局そのものが無くなってしまうかもしれない。それなら「患者は余計に困る」と思っていたのだ。

葵は「薬剤師は薬を渡して終わりじゃない」と主張する。

 

子供向けの服薬指導

 

母は苦悩していた。子供の礼央がマイコプラズマなのだが、抗生剤の苦みを嫌がって飲んでくれないのだ。

そのため症状は改善されず、仕事に行くことすらできない。

その親子のことを、密かに刈谷は気にしていた。

母一人子一人の環境に、共感できるところがあったのだ。

しかし刈谷は、この親子への服薬指導を葵の得意分野として、葵に依頼する。

葵の服薬指導は、母親に薬の味を確かめて貰うところから始まった。

礼央に処方されているのは、クラリスロマイシン。

そして、その薬の苦みを感じない採り方も、具体的に提案したのである。

「頑張らないで、何でも相談してください」という服薬指導に、この親子はとても満足して、感動を覚えた。

 

大宮のためにできること

大宮は大腿部骨肉腫だった。

抗がん剤の副作用で下痢の症状が出るため、ロペラミドを処方されていたのだ。

足を切断しなければならない大宮は、義娘・麻利絵の結婚は嬉しくても、それを素直に言うことができなかった。

昔大宮は事業に失敗し、ずいぶん前に家を出ていたのだ。娘には合わせる顔がないと思っていた。

しかし葵の説得によって、もう一度父と娘は向き合うことができた。

大宮は大腿部骨肉腫の治療も、萬津総合病院ですると決め、薬剤師に葵を指名した。

アンサングシンデレラ全話見逃し配信中!
放送後1週間登録不要で見逃し配信中!

『アンサング・シンデレラ』第2話の感想

こんな薬剤師さんが服薬指導してくれたら、子供も喜んで薬を飲んでくれるかもしれませんね。

大宮さんのように、決められた服用の仕方を無視すると、大きな副作用が出てしまう危険性があるので、気をつけなければなりません。

 

次に、視聴後のみなさんの反応です。

今回は、子供に薬を飲ませるための、服薬指導に反響があったようですね。

今回は、『アンサング・シンデレラ』第2話を紹介しました。

来週は、謎の人物・小野塚の正体が判明しそうですね。

注目の3話は、7月30日に放送されます