アンサング・シンデレラ【5話】ネタバレ感想!葵が薬剤師になった理由とは?患者と第二の患者のために

今回は、『アンサング・シンデレラ』第5話を紹介します。

第4話は、家族の病気と向き合う苦悩を描いたお話でした。

第5話は、4話のテーマに加えて、患者のためにできること、葵の過去へと、ストーリー展開していきます。

以下、5話のネタバレです。

西野七瀬さん演じる相原くるみ主演
スピンオフドラマがFODで独占配信!
8月27日より配信スタート!
▼▼▼

 

アンサング・シンデレラ【5話】ネタバレ

 

辰川一家の決断

辰川太一(伊武雅刀)の急変で、孫の樹里(久保田紗友)は父・秀三(迫田孝也)と口論になった。

本人に病気の告知をしていないことを、樹里は苦しんでいたのだ。

葵(石原さとみ)はそんな樹里の気持ちに寄り添って、秀三と話をすることにした。

第二の患者・・・大病を患っている患者の家族が、本人以上に苦しむこともある。「まずは、店の常連の薬剤師に相談しませんか?」

結局秀三は太一に告知することを決め、太一は本当の病状を知る。

末期がんで余命3ヶ月。

「抗がん剤治療は必要ない」という太一だったが、「3ヶ月なんて嫌だよ!」と樹里は泣き出す。

その後家族と話し合った太一は、抗がん剤治療を受けることに決めた。

 

新人薬剤師・相原くるみ

刈谷奈緒子(桜井ユキ)は“がん薬物療法認定薬剤師”だ。

新人薬剤師の相原くるみ(西野七瀬)は、奈緒子の仕事に興味を持ち、葵と一緒に太一のがん治療を看ていきたいと願い出る。

 

太一の抗がん剤治療

抗がん剤治療には休薬期間がある。

太一は抗がん剤治療をしながら、自宅で過ごすこともでき、回復も夢ではないかのように、明るく生きていた。

樹里と“やりたいことリスト“を作り、家族にも希望を与える太一。

「樹里と散歩をする」、「野球観戦する」、「店のチャーハンと餃子が食べたい」、「とにかく家族と楽しく過ごす」など、リストの項目は様々だが、すべて家族と関わった願いだった。

そんな中太一の治療に、治験薬・M325のエントリーを提案する医師もいたのだが、主治医から意見を求められた葵は、「私は反対です」と答える。

 

太一の退院

それからしばらく経って、太一の退院の日。

「明日野球を見に行く」と嬉しそうに話す、樹里の姿があった。

しかし翌日、太一が高熱を出して緊急搬送されてしまう。

病院で目を覚ました太一は、葵を呼んだ。

太一は、「とにかく家族と楽しく過ごすことだけは、やり遂げたい」と願い、「これからは何があっても、延命はしないで欲しい」と葵に頼むのだった。

「正直言うと、もうしんどい。もういいよね、葵さん。」

家族に泣き言を言いたくない太一は、葵にだけ正直な気持ちを話したのだ。

その後の治療方針は、痛みが強いので緩和ケアに重点を置くことになった。

そのことに、「私は諦めたくありません」と、くるみは納得できなかった。

 

やりたいことリストの実現

ある日、太一に外出許可が出た。この日は病院の休診日だ。

病院の裏手に樹里と散歩に出た太一の元へ、秀三が餃子とチャーハンを運んで来た。

「うまいよ」と太一は微笑む。

しかし、サプライズはそれだけではなかった。

そこで萬津総合病院・薬剤部と地域薬局の、草野球大会が行われたのだ。

拍手をしながら、大笑いしながら、苦笑しながら、太一はその試合を楽しんだ。

その後病室に戻り、息子と二人で話をした太一は、「今日は楽しかった。昔から俺の人生何もかも楽しかった」としみじみ語り、息子へ感謝の気持ちを口にした。

 

太一の死に向き合って

太一が危篤状態になり、家族が呼ばれた。

葵とくるみも病室へ駆けつけ、一緒に太一を看取った。

病室を出た後、泣き出すくるみを葵は励ます。

葵はその後も努めて冷静でいようとしていたが、その辛さを皆がわかっていた。

一人になった葵に、瀬野(田中圭)が野球のボールを手渡した。

「太一さんが、これお前にって。」

そのボールには「ありがとう」と書かれていた。

葵はとうとうこらえきれずに、別室に駆け込み大粒の涙を流すのだった。

 

葵が薬剤師になった理由

太一がいなくなった後、樹里はそのベッドに座って、やりたいことリストをぼんやり眺めていた。

そこへ葵がやって来て、樹里と背中合わせに座る。

葵は樹里に、自分の過去を話し始めた。

葵の妹は、幼い頃病気で他界していたのだ。

妹がいなくなったベッドに座っていると、病院の薬剤師が来て背中合わせで座ってくれた。

すると急に涙が溢れてきた。薬剤師はただ黙って、そばにいてくれたのだという。

樹里にそのことを話した葵は、どこか穏やかで、それを聞いた樹里もまた、温かい気持ちで葵を励ますのだった。

西野七瀬さん演じる相原くるみ主演
スピンオフドラマがFODで独占配信!
8月27日より配信スタート!
▼▼▼

アンサング・シンデレラ【5話】感想

私ごとですが・・・

オンエアを見て泣いて、動画を見て泣いて、泣きながら書きました。

“やりたいことリスト”を作るお話は、色々ありますが、太一さんの場合は全部、“家族ありきの願い”だから、深い家族愛を感じてしまったのです。

今回は、野球大会にも、葵の過去にもやられてしまい、涙、また涙でした。

 

次に、視聴後のみなさんの反応です。

やはり皆さんも、涙腺がやられてしまったようですね。

今回は、『アンサング・シンデレラ』第5話を紹介しました。

「第二の患者」と言われる家族の苦悩が、よく描かれていましたね。

それでもできることを精一杯してあげられたので、ハッピーエンドだったと思います。

次回第6話は、8月20日放送予定です。