アンサング・シンデレラ【7話】ネタバレ感想!~葵と心春の気持ちが、政治家を動かした!

今回は、『アンサング・シンデレラ』第7話を紹介します。

第6話は、相原くるみの成長と、刈谷奈緒子が何故出世を棒に振ってまで、病院薬剤師になったのか?というお話でした。

第7話は、政治家で頑固な患者の心を動かしたのは、あの人だった!というお話です。

以下、7話のネタバレです。

西野七瀬さん演じる相原くるみ主演
スピンオフドラマがFODで独占配信!
8月27日より配信スタート!
▼▼▼

アンサング・シンデレラ【7話】ネタバレ

葵(石原さとみ)、相原(西野七瀬)、小野塚(成田凌)は、区民センターで「高齢者のための服薬指導教室」を行い、参加者たちと話をした。

 

調剤ロボットの導入

販田(真矢ミキ)は、忙しくて手が足りない薬局に、調剤ロボットを導入したいと考えていた。

何が何でも予算を通したい販田は、「くれぐれも問題を起こさないように」と、葵(石原さとみ)に注意を促す。

 

心春の検査結果

白血病で入院治療してきた心春(穂志もえか)の退院が決まった。

中学の時から心春を見守り続けていた葵は涙ぐむ。

心春はその後薬科大学へ進学。しかし再発がわかり、これまで入院治療をしてきたのである。

 

政治家の入院

病院長が直々に院内を案内しているのは、政治家の古賀(渡辺真起子)だった。

入院理由は骨折。葵が担当の薬剤師になった。

葵が病室へ行くと、極秘入院の古賀は話をしたがらず、秘書が変わりに質問に答えていく。

そんな時、古賀が胸を抑えて、苦しそうな表情になった。

葵は古賀に他の病気の疑いを持ち、密かに調べ始める。

古賀はその後、心春と備品室で話をしている時にも倒れ、益々他の病気が疑われる状況になった。

しかしおせっかいな葵を、古賀はうっとうしく思い、病院長に近づかないようにして欲しいと直訴する。

その結果葵は注意を受け、調剤ロボット購入を目論む販田を、やきもきさせた。

 

古賀の秘書の想い

古賀は元秘書へのパワハラ問題により、辞任に追い込まれそうになっていた。

古賀の秘書・鴨居(モロ師岡)は、古賀の体調を心配し、検査を受けさせたいと、葵に言う。

「古賀のような、本物の政治家が必要だ!」と思っていたからだ。

それを受けて、葵は医師に心エコーを取って欲しいと頼むのだが、あっさり断られてしまう。

 

心春の退院延期

そんな中、退院を前に心春が倒れてしまう。検査の結果、肺塞栓が見つかった。

葵は心春が気落ちするのではないかと、心配になるが、心春は葵の前ではそういうそぶりを見せず、人知れず涙するのだった。

そんな心春に古賀が声をかけた。「無理して笑わなくていい。」

心春は密かに、退院の時に葵に渡す手紙を用意していた。

葵に憧れて、薬剤師になろうと決めるほど、感謝していたからだ。

瀬野(田中圭)は、当時新人の葵を心春の担当にした。

葵が妹を、同じ病気で亡くしていたからだ。

患者とは冷静に向き合わなければならない。そのことを、叩き込むためだったという。

 

心春のために出来ること

退院が延期になった心春のために、葵は医師立合いの元、小春を少しだけ外へ散歩に連れ出した。

一瞬だけでも解放された心春は、たまたま外に出ていた古賀に手を振った。

「風に吹かれてみたい。」退院が延期になった心春が、古賀に漏らしていた本心だ。

退院が延期になっても、「治療方法もなく死んでいった人たちを思えば、まだ、ましだ」とも言った。

古賀のことを心春は「頭が良いおばさん」と呼んでいた。

「頭が良いおばさんは、早く退院できるといいね!」

そういう心春の様子を見ていた古賀は、自分も逃げてはダメだと思うのだった。

 

古賀の病気の正体

心春の頑張りは古賀の心を動かし、古賀は検査を受ける決心をした。検査結果を受けて、葵は古賀の病状の原因を究明する。

古賀はテオフィリン中毒だった。

元々喘息の薬としてテオフィリンを服用していたのだが、喫煙により代謝が促進されてしまうため、処方量を増やしていた。

しかし、最近タバコの本数を減らしていたことで、代謝されないテオフィリンの血中濃度が上がり、体調不良を起こしていたのだ。

医者でも気づかなかったことに葵は気づいた。

このことに古賀は感銘を受け、今後は「葵に薬のことを相談する」と決めるのだった。

そして古賀は、マスコミを怖がらずに、堂々と退院して行く。

そんな様子を、心春も喜んで見ていた。

 

瀬野が!!!

そんな中、瀬野は体に違和感を覚えていた。

人知れず、病魔の影が瀬野に迫っていた!

西野七瀬さん演じる相原くるみ主演
スピンオフドラマがFODで独占配信!
8月27日より配信スタート!
▼▼▼

アンサング・シンデレラ【7話】感想

白血病でも前向きに治療する心春の姿勢が、一人の政治家の心を動かしました。

本物の政治家は、これからも医療の発展に貢献し、多くの人の力になるであろうと、想像させて貰える展開で、心地よいお話でした。

 

次に、視聴後のみなさんの反応です。

現役薬剤師?と思われる方たちの、コメントも楽しいですね!

今回は、『アンサング・シンデレラ』第7話を紹介しました。

医療の現場で頑張っているのは、患者、医者、薬剤師だけではなく、時にはロボットも含めた医療機器だったり、政治家だったり、様々な力が影響しているのですね。

次回8話は、瀬野に異変が!ということで、目が離せません。