スーツ2【第1話】ネタバレ感想!甲斐(織田裕二)がかっこいい!鈴木と聖沢のキスシーンも!

2020年の4月13日に、「スーツ2(SUITS season2)」の第1話が放送されました!

なんと月9では最長となる13話で展開され、初回は30分拡大というボリュームです!

織田裕二さんがつとめる敏腕弁護士の甲斐正午と中島裕翔さんがつとめる完全記憶能力を持つ天才青年・鈴木大輔はいったいどんなコンビネーションを見せてくれるのでしょうか!?

当記事でわかること
  1. スーツ2【第1話】のネタバレ内容
  2. スーツ2【第1話】の感想
  3. スーツ2【第1話】の評判!

スーツ1全話配信中!
▼スーツ2見逃し配信中!▼

スーツ2【第1話】ネタバレ!

甲斐(織田裕二)はチカ(鈴木保奈美)に内緒で鈴木(中島裕翔)をボストンから呼び戻していた。

自分の仕事のアソシエイト(補佐)として動いてもらうためだ。

最初にリハビリとして任せた仕事は「大手出版社の元契約社員が小説のアイデアを盗用されたと、大手出版社を訴えている案件」だ。

鈴木が担当するのは大手出版社側の弁護。スズキは意気揚々と乗り出したが・・

鈴木(中島裕翔)にいきなり試練?

早速案件の解決に動き出そうとする鈴木。

とその前に久々にパラリーガルの聖沢(新木優子)と再会し、食事を取り付けた。

実は二人は以前、鈴木がボストンに飛び立つ前にキスを交わしていた。(お互いに気はあるようだが・・付き合ってはいない。)

 

案件の解決に取り掛かった鈴木は、訴えを起こした契約社員の吉野(玉城ティナ)に接触。

示談交渉のための席を設けることを約束した。これで簡単に解決する。

示談の席では示談金100万円で解決しようとしたが、元契約社員の吉野は要求を受け入れず・・。

吉野が求めていたのは「発売する小悦のクレジットに自分の名前を載せること」

つまり自分のアイデアへの世間からの正当な評価が欲しいのだ。

鈴木はその気持ちが理解できるだけに、案件の解決は簡単にいきそうもなかった・・・・。

 

その後、鈴木は聖沢との食事を楽しんだ。

帰り道、鈴木は「俺と付き合ってほしい」と告白。

急なお願いにびっくりした聖沢だったが・・答えは「保留」だった・・。聖沢の気持ちは・・?

甲斐(織田裕二)が抱える案件は?

甲斐に飛び込んできた案件は、顧問弁護士を務めるロケットと航空技術の開発をする大手会社の若社長・三津谷聡(反町隆史)からの依頼だ。

それは「航空技術のシステムを最低でも100億で売却する」というもの。しかも早急にだ。

三津谷はその金を使って宇宙技術の開発に一本化したいようだ。

ただ100億という価格は、高い顧問弁護士料金を払っていることを引き合いに出したかなり高い設定の額だ。

しかし甲斐は様々な企業を競わせて金額を吊り上げる作戦で勝負するつもりだ。交渉には自信を持っている・・。

上杉(吉田鋼太郎)の復帰が近づいていることを、幸村チカ(鈴木保奈美)は危惧していた・・

上杉は表向きは謙虚で優秀な弁護士だが、裏では私利私欲にまみれた危険な男だ。

実は過去、チカと甲斐は上杉の弱みを握り、事実上事務所から追い出していたのだ。

しかし上杉の妻が亡くなったとの話が入ってきた。つまりそれは上杉が復帰してくることを意味する・・。

ここでチカが危惧しているのは「鈴木が弁護士免許を持たない偽装弁護士である事実だ」

もし上杉にばれてしまうと自分たちに身が危ない・・。

そこで甲斐は、上杉に接触することにした。

「弱みを娘にばらす」と脅すことで、上杉の復帰を止めるつもりだが・・・。

鈴木は自分の案件の解決に動いた

鈴木の調査によると、元契約社員の吉野のアイデアが盗用されたのは事実のようだ。

しかし鈴木は交渉に失敗したことで、出版企業側から訴えを起こされそうになっていた・・。

 

ここで鈴木は、吉野の思いを見抜き、再び交渉の席を設けた。

交渉で持ち掛けたのは「解決金の支払いと、吉野が作った小説を出版するという同意書」だ

世間から正当な評価を受けるには、アイデアだけではなく、商業化できるレベルの小説を作るしかない。

意地になった吉野は契約書に同意。自分の小説を作り上げることを約束し、無事交渉に成功した・・。

甲斐は三津谷社長の考えを見抜いた・・

甲斐は「航空技術システム」を100億で売却するために、様々な会社と交渉していた。

しかしそのうちの一つの会社が、三津谷社長のパワハラ疑惑のネタをマスコミに流したことで、売却額は半分の50億まで下がることになってしまった・・。

パワハラ疑惑は事実ではない情報だったが、甲斐を呼び出した三津谷社長は、交渉の失敗を責め、さらに仕方ないから50億で早急に売却するよう指示してきた・・。

ここで違和感を感じた甲斐。

調査したところ、三津谷社長が売却しようとしていた「航空技術のシステム」は海外の大手宇宙技術開発会社の特許を侵害している可能性があったのだ。

つまり三津谷社長は、高い顧問弁護士料を払う甲斐の実力のテスト、システムを早急に売却することで特許の侵害の責任を逃れることの2つを同時に行おうとしていたのだ。

それを見抜いた甲斐は「特許を侵害していること」をダシに、むしろ三津谷社長の実力が足りないことをつきつけ、自ら顧問弁護士を降りることにした。

その場を立ち去ろうとする甲斐に三津谷社長はこの状況でどうすべきだったのかアドバイスを求めた。

甲斐が出した答えは「クロスライセンス」お互いの特許を差し出すことで業務提携を結ぶことだ。

三津谷社長の頭になかった考え・・。

すると

「甲斐先生・・これからもあなたの力が必要だ」

と甲斐を引き留める。

すると甲斐は「嘘をつかないこと」「自分のやり方に口を出さないこと」そして「顧問弁護士料の引き上げ」を条件に出し、がっちり握手を交わした・・!

その頃事務所では・・

上手く案件を終わらせ事務所に帰った甲斐。

するとそこには事務所に復帰した上杉がいた・・。

 

以上第1話のネタバレでした。

スーツ1全話配信中!
▼スーツ2見逃し配信中!▼

スーツ2【第1話】感想と評判!

とりあえず、単純に面白かったというのが感想ですね!

もし見ていない人がいたら、見たら絶対面白いとすすめたくなる作品でした!

とにかくそれぞれのキャラがかっこいいのですが、個人的には織田裕二さん演じる甲斐の交渉術がとにかくみものでしたね!

また、新木優子さん演じる聖沢と中島裕翔さんが演じる鈴木の恋の行方が思った以上に気になります・・

ネット上では

ネット上でも評価は高かったですね!

twitterの反応を見ていると、もしかすると視聴した人は1話にしては少なめかなと思いましたが、普通に面白かったので、もしかすると口コミが広がって話題になっていくこともあり得るなと思いました!

視聴していない人はぜひチェックしてみてください!!

スーツ1全話配信中!
▼スーツ2見逃し配信中!▼