ハケンの品格2【第6話】ネタバレ感想!東海林が春子に告白!「やっぱり好きだ」

今回は、『ハケンの品格』第6話を紹介します。

第5話では、東海林の危機を春子が救うために?なんと残業!という展開でしたが、当の春子は、「最近ジグソーパズルにはまっていますが、何か?」というノリでしたね。

しかし年がいってからの徹夜は、てきめんこたえるものです・・・。

さて今回第6話は、AIとの真剣勝負に春子が挑みます。

以下、第6話のネタバレです。

ハケンの品格2はHuluで配信中!
Huluオリジナルストーリーあり!

hulu

ハケンの品格2【第6話】ネタバレ

業務の合理化戦略

社長の宮部(伊藤四朗)から“業務の合理化戦略”を任された東海林(大泉洋)。

まずは、可能な限り裏紙を使ったコピーを試み、極力ペーパーレスで作業するように社員にも促した。

東海林はこの大役を、春子(篠原涼子)にも手伝って欲しいと思っていた。

しかし春子は、業務命令には従うものの、あいかわらず東海林とはバトルを繰り広げる。

 

隅田フーズのまごころ弁当

ある日里中(小泉孝太郎)は、取引先の隅田フーズに、社員やハケンを連れて出かけた。彼らに勉強をさせるためだ。

隅田フーズのまごころ弁当は、木箱や笹の葉など、昔ながらの日本の良さにこだわっている、中高年向けの健康志向弁当だ。

隅田フーズは里中にとって、丁寧で誠実な仕事をしてくれる、特別な弁当屋だった。

その帰りに浅野(勝地涼)たち若手は、皆で飲みに行った。

そこで「昔、東海林が春子にプロポーズした」ことが話題になり、何も知らなかった井出(杉野遥亮)、三田(中村海人)、小夏(山本舞香)、亜紀(古谷彩子)は驚く。

 

AI導入

宮部は業務の合理化戦略のためにAIを導入した。

このまま会社が低迷を続けると、ハケンを始め、大規模なリストラが行われるかもしれない。

それだは避けたい東海林は、必死に合理化できることを探す。

東海林は里中のふりをして、春子に合理化の仕事を手伝うようにメールを送るが、すぐに東海林の仕業だと春子にバレてしまう。

結局里中が、「自分がメールを送ったことを忘れていた」として、改めて春子に仕事のサポートを頼むのだった。

直後、春子たちハケン組は上層部の指示で、AIに顧客情報データを移行するための、入力業務をさせられた。

 

まごころ弁当の危機

AIの分析の結果、「隅田フーズとの取引を見直すべき」となった。

東海林は利益率の低いまごころ弁当を、隅田フーズではなく他の弁当屋に任せようと、里中を説得する。

抵抗する里中は、隅田フーズを切るのではなくて、まごころ弁当の利益率アップの方向で考えた。

これまで弁当の出荷数は、その日の天候によって決めていたが、売れ残ってしまう日もけっこうあった。

春子は、「AIだと判断が正確で、ぎりぎり売れ残りを出さない」と言う。

 

気象予想士・大前春子

春子は気象予想士の資格を活かして、売れ残りを出さないように、毎日天気を分析し予測した。

そんな時営業部長・宇野(塚地武雅)が、まごころ弁当300個の大口注文を取って来た。

しかし、隅田フーズでは社員が体調不良で数人休んでいたため、作業は困難だった。

春子は迷わず隅田フーズへ調理の補助のために向かい、若手の社員やハケンもそれに続いた。

結果注文を間に合わせ、これで隅田フーズを切る必要はないと思われた。

しかし、上から東海林に向けられた言葉は、容赦勘弁ないものだった。

 

東海林の泣き言

東海林が本社に戻された理由は、「下請けを切り捨てる役目をやらせる」ということだったのだ。

里中も頑張って結果を出している中、東海林の気持ちは暗かった。

思いあまった東海林は、春子のいる店へ出向いて、春子に泣き言を言ってしまう。

春子はそんな東海林を突っぱねるが、東海林は「あいかわらずヒドイ女だよな・・・ヒドイってわかっていても、やっぱり好きだ!」と口にしてしまう。

東海林は、一緒に働いているハケンも含めた仲間を切り捨てるくらいなら、AIの言う通り「隅田フーズを切る」という決意を固めた。

しかし里中は、「一週間分の弁当のデータを持って、社長に直談判する」と言う。

 

春子の失敗?

その日AIは雨と予想した。一方春子は晴れと予想して、弁当の数を増やしたのだが・・・昼前に雨が降って来た。

春子が予想を外したのか?と思ったが、実はわざと予想を外したらしい。

「その方が隅田フーズのためだと思った」と春子は言った。

春子は隅田フーズのためにS&Fから離れた方が良いと、予測したのである。

結局隅田フーズは、その後S&Fを介さずに、大口の顧客と契約を結んで営業することになった。

 

AIの次なる戦略

AIの次なる戦略は、“人材スリム化リスト”の作成だった。

春子には解っていたのだ。

「S&Fの社員は、自分たちが誰かを切る立場だと勘違いしている。」

リストラで切られるのは、ハケンではなく、社員だった!

 

ハケンの品格2[【第6話】の感想

東海林はやっぱり春子が好きです。

『ハケンの品格1』でも、春子にピンチを救われた直後に告白していますよね。

歴史は繰り返されたわけです。

それにしても、「ハケン切り」ではなく、「社員切り」をAIは打ち出しましたね。

当然同じ一人なら、給料の高い方を辞めさせた方が、効率が良いわけです。

どうする?東海林・・・。

 

次に、視聴後のみなさんの反応です。

東海林頼みで盛り上げる展開???の中、来ました里中!

三角関係未満、再び・・・の予感ですね。

今回は、『ハケンの品格2』第6話を紹介しました。

S&Fに激震が走り、社員にも危機が迫っています。

東海林の仕事は?恋は?

注目の7話は、7月29日に放送されます。

ハケンの品格見逃しはHulu
  • 放送後全話見逃し配信!
  • Huluオリジナルスト-リーあり!
  • 2週間無料お試しあり!

hulu