半沢直樹2020【第1話】ネタバレ感想と視聴率!早速胸くそ悪い展開に・・

いよいよ7年ぶりに半沢直樹2020年度版の放送が開始しました!

2013年度版では香川照之さん演じる大和田常務の悪事を暴いた半沢直樹(堺雅人)。

しかし大和田常務に土下座をさせるなどやりすぎてしまったために、命じられたのは東京セントラル証券への出向でした。

2020年度版は東京中央銀行ではなく、東京セントラル証券で奮闘する半沢直樹を描いた作品となります!

半沢直樹2020【第1話】ネタバレ

半沢直樹を恨む人物が・・

半沢直樹の働きによって大和田は常務か取締役へと格下げになった。

その結果、大和田の部下だった伊佐山(市川猿之助)は大和田への仕打ちはもちろん、自分の出世が遅れたこともあり半沢のことを恨んでいるようだ・・・

1500億もの大型案件が中央セントラル証券へ

半沢は東京セントラル証券で営業企画部長として働いていた。

東京セントラル証券は東京中央銀行の子会社で、扱う金額も銀行時代とは比べ物にならないほど低かった。

そんな中、東京セントラル証券に大型案件が舞い込んできた。

それは電脳雑伎集団が日本トップクラスのIT企業スパイラルを買収するというもの。

そうすれば電脳雑伎集団はアジアトップ3の企業へと発展できる。

スパイラル株を過半数取得するために必要な額は1500億。

半沢たちは急いで買収に向けた計画案を練ることになった・・。

スパイラルとは?

東京セントラル証券では1500億もの大型案件に色めき立っており、そんな中さっそく会議が行われた。

スパイラルは瀬名社長(尾上松也)、加納(井上芳雄)、清田(加藤啓)の友達同士で作り上げられ、急成長を遂げた日本でもトップクラスの企業だ。

半沢はスパイラルが簡単に買収に乗るはずもなく、このまま買収を進めても敵対的買収になってしまうため慎重に事を進めるべきだと主張。

そんな中、生え抜き社員の森山(賀来賢人)はスパイラル内では瀬名社長が自分の経営方針を曲げなかったことから、加納、清田の2人が反発しやめていったことを調査で見抜いていた。

つまり自分の経営方針をつらぬく瀬名社長が電脳の買収に簡単に乗るはずがないと考えていた。

そこで出てきたのが諸田次長を筆頭とした東京中央銀行の出向組のメンツだ。

諸田次長は

「いいか森山!1500億という数字にびびってたら負けなんだよ!我々が銀行にいたころはこれくらいの案件はいくつも扱っていたよ・・!」

と森山を含めたプロパー社員(生え抜き社員)を馬鹿にしていた。

結局半沢は東京セントラル証券が大きく飛躍するチャンスだと買収について前向きに計画を進めることにした。

そして諸田次長は自ら今回の買収に向けてのチーム編成を名乗り出た・・。

チーム編成に偏りが・・?

諸田次長が出したチーム編成は東京中央銀行の出向組のメンツのみで編成されており、すでに会社内で発表をしていたため変更がきかない状態になっていた。

これまで電脳の営業を担当していた森山はチームを外されたことに不満を感じており、出向組に対しても敵対心が強るばかり・・。

そんな中で半沢たち出向組は計画を進めていったが、出向組が使い物にならず、結局2週間後完成した計画をもって電脳を訪れることとなった・・。

そこで電脳を訪れた半沢たちだったが、計画書に目を通されることなく今回の大型案件の依頼を取り下げられてしまった・・!

電脳は依頼先をのりかえていた・・!?

計画書に目を通されることもなく、今回の案件を取り下げられたことに違和感を覚えていた半沢。

しかし半沢はここであきらめることなく、もう一度電脳に向かうことに。

そこで注目したのは森山だ。

森山は電脳の営業でもあり、スパイラルにも詳しい。実はスパイラルの瀬名社長とは同じ高校の剣道部の仲間だったのだ。

しかし瀬名社長は当時実家の会社が銀行の融資を得られず倒産し、転校することになってしまったが・・。

結局半沢と森山で練った企画書をもって電脳を訪れるも、頭ごなしに却下されてしまった。

ここで半沢はある違和感を覚えるが・・。

そこで仲間の渡真利(及川光博)に東京中央銀行が1500億ほどの買収案件を手掛ける計画がないか尋ねると・・・やはり計画があったようだ!

なんと親会社の東京中央銀行が子会社の東京セントラル証券の案件を横取りしていたのだ。

その主導者は・・・東京中央銀行の証券営業部、伊佐山(市川猿之助)!

しかしどこから情報が漏れたのか・・?

早速動き出した電脳の買収劇

急遽電脳は会見を開いた、

何と早くもスパイラルの30%もの株を取得したようだ・・しかしどうやって・・・。

実は時間外取引によって取引を進めていたのだ。

また、ここで気になるのは30%もの株を取得するにはスパイラル側の了承を得る必要がある・・。

なんと伊佐山は瀬名社長の元を離れた加納、清田に接触していたのだ。

加納、清田は瀬名社長の元を離れて始めた事業に失敗しており金が必要だった。そこに付け込んだのだ。

 

スパイラルの社長も急遽会見を開き、あまりの非常識な行動に対抗処置をとると宣言した・・。

しかし親友2人も自分の元を離れ一人の瀬名は不安になっていた・・。

森山は瀬名に接触

森山は瀬名と久々の再会を果たした。

どうにか瀬名の力になりたかったからだ。

最初はたわいもない話で盛り上がったが・・・森山は東京中央銀行の子会社、東京セントラル証券の社員。

今回の買収劇にかかわっていることを疑われ、一方的に喧嘩別れとなってしまった。

 

森山は今の自分の力のなさを悔いた。

しかしどうすることもできない・・。

そこで半沢は

「こういう時、自分でどうするか考えるんだ!」

と叱咤激励し、共に動き出した。

証拠を見つけ出し、伊佐山たちに接触することに!

半沢はどこから情報が漏れたのかを調査するため、社内のすべてのメールをチェックすると情報を流し罠を仕掛けた。

すると夜中に社内に忍び込みパソコンをチェックする人物が・・。

出向組の一人。三木(東京03角田)だ!

三木は諸田次長の命令をうけ、伊佐山に今回の買収の件をメールしており、削除するため現れたのだ。

半沢はその証拠を手に伊佐山、そして諸田がいる場所を訪れ証拠を突きつけた。

またさらに決定的な証拠を手に入れるため、伊佐山側のメールのサーバーをチェックするよう同期に依頼していたが・・

なんと伊佐山は先に根回しし、サーバーのメール全てを削除していたのだ。

「これはお前らがでっち上げた偽装メールじゃないのか・・!?」

そういって証拠のメールを破り捨てる伊佐山。

これで今回の件を責めることはできない・・。

ただ半沢は子会社の案件を奪い取るような汚い手口を許すわけにはいかなかった。

「やられたらやり返す・・!倍返しだ!それが私のモットーなんでね・・」

半沢直樹2020は見逃し配信なし!?パラビやTverは?ネット上では不満の声続出!

半沢直樹2020【第1話】感想

第1話も早速胸くそ悪い展開が続き、やっとやり返せると思ったところでまさかの伊佐山の対応。

もはや伊佐山にやり返すまで気が済まない展開になりましたね・・w

また今回は賀来賢人さんが演じる森山がけっこう重要人物で、半沢とともにいかに成長していくのかが注目となりそうです。

また大和田の立場が弱くなっており、部下だった伊佐山は副頭取の三笠(古田新太)にのりかえてしまいました。

大和田の逆襲も見ることができるのか、そちらも注目していきたいと思います!

また2013年度版と比べると、2013年度版のほうが役者のむかつき度が大きかった気がしますw

やはり役者の演技力は重要だなと改めて感じました。

ネット上では・・

なんだかんだやはり半沢直樹は面白いとの声が多かったですね!

次回も楽しみにしておきましょう!

半沢直樹2020【第1話】視聴率

視聴率はなんと22%!

10%を超えれば評価されるこの時代に20%越えはさすがですね!

ちなみに2013年度版の初回放送は19.4%。そして最終回は42.2%をたたき出しました!

2020年度版がどこまで伸ばせるのか注目ですね!