嵐カイトMVののロケ地はどこ?東京都内?テーマは「変化し続ける世界」

7月15日、めざましテレビを含めたニュース番組にて嵐の10カ月ぶりの新曲「カイト」のMVが公開されました。

米津玄師さん作詞作曲の「カイト」はNHK2020ソングに採用されており、NHKの様々な番組で流される壮大な楽曲となっています。

そんな「カイト」のMVのロケ地やテーマについてまとめてみました。

嵐カイトMVののロケ地はどこ?

テーマは「変化し続ける世界」ということでこれからを生きる人への応援歌となっているようです。

今世界がコロナによってまさに変化しているときですが、このMVのテーマがいつ決まりいつ撮影されたのかもとても気になるところです!

MVをのぞくと、日本の四季が表されており、壮大な世界観となっているようですね!

当然CGによる加工は入っていると考えられますが、もしかすると四季をあらわすために1年を通して撮影されたなんてこともあるのでしょうか?

また7月29日に発売される「カイト」ですが、ファンクラブ限定版では「2020嵐と東京の空」をテーマに東京都内でロケを行った様子が同封されるようです。

つまりおそらく今年は東京オリンピックが開催予定だったこともあり、ロケ地は「東京都内」である可能性はかなり高いのではと思われます!

詳細なロケ地が判明次第更新できたらと思います!

またもしかすると建物の扉の空き方や現在の世界情勢を考えると完全CGのパターンもあるかもしれませんね・・!

(こちらは新国立競技場で撮影されたもの)

嵐カイトのジャケットは大野君の作品

 
 

情報番組スッキリではカイトのジャケットにも触れるシーンがありました。

何を隠そうカイトのジャケットは大野君が描いた絵画が採用されています。

絵に歌、ダンスととにかく才能がある方ですよね!

カイトのMV公開へのネット上の反応は?