映像研には手を出すな!(ドラマ)【第2話】ネタバレ感想!金森氏(梅澤美波)が活躍!

今回は映像研には手を出すな!の第弐話(第2話)についてまとめました!

原作ファンの方も乃木坂ファンの方も気になる作品ですね!

ネタバレや感想、Twitterでの感想について書いているので、気になる方はこちらをご覧ください〜!

映像研には手を出すな!(ドラマ)【第2話】ネタバレ

キャスト

浅草氏…齋藤飛鳥、水崎氏…山下美月、金森氏…梅澤美波です!

やる気に溢れた金森氏

校庭にて水崎氏と浅草氏がいるところにやってきた、やる気に満ち溢れた金森氏。

 

どうやら金森氏は新たな部活動申請をするために大・生徒会へ立ち向かうことを決意。

それを受けて水崎氏も金森氏について行くのだが…浅草氏は急に怖気付きその場から動かない。口を開いたと思えば言い訳を言い出す始末。

それを見かねた金森氏が浅草氏を強制連行し3人で大・生徒会へ突撃した!

まくし立てる金森氏と厳しすぎる認可条件

金森氏が大・生徒会のメンバーを前に「映像研究同好会を作りたい」と宣言。

だがそんな簡単に作れる訳もなく、「既に映画部、ドラマ部ショートフィルム部…と無数に存在している」と言われる始末。。。

しかし金森氏は突然何かが憑依したかのように喋り出し、

「原点であり頂点、王が誕生したと思ってください。」と演説口調でとんでもないことを言い出した。

 

それに圧倒されたのか期間限定で『映像研』は認可された!のだが…認可条件は厳しかった。

1つは顧問の選定、2つ目は活動内容を示す資料の提出を1週間以内にと言うもの。

それに加えて部室は与えられないとかなり過酷なものだった。

 

1週間以内にアニメは作れない!作ったところで水崎氏の使用人(GHQ)にバレるのはよくない!と問題にぶち当たりまくり!

窮地に立たされた3人はとりあえず顧問の先生を探すことに

紀元前の1世顔の藤本先生が顧問に!

職員室に勝手に入る3人。顧問になってくれる暇な先生がいないか大声で呼びかけると1人の先生が近寄ってきた。

その先生はモジャモジャの髭を蓄えた、まるで紀元前にいた○○1世みたいな顔の藤本先生。

かなり怪しい風貌だがとりあえず顧問は確保できた!

彼岸の廃墟が部室!?

当初大・生徒会より「部室はない」と言われていたが藤本先生から「部室あるから」と言われ、突然の出来事にテンションが上がる3人!

しかし用意されたのは『五等部室』と呼ばれる彼岸の近くにある大きな煙突が特徴的な廃墟!

 

なぜかテンションが上がる浅草氏と水崎氏、それを見る冷静な金森氏。

昭和14年製の巨大な石炭ボイラーが2つもあり、その歴史と世界観から勝手に妄想が膨らみ、止まらない水崎氏!

そんな考えは甘い!と煽り始める浅草氏!

『プロペラスカート』なる物を妄想する浅草氏は饒舌になりすぎて突然名古屋弁に。

そんな楽しい妄想を終えた浅草氏だったが、なんと建物の2階から落下する大事故に見舞われる!!

落下物の下敷きになるも何事もなく立ち上がる無傷の浅草氏…後にこれが映像研を大きく左右する!

 

丸腰最強説!映像研(仮)爆誕!

いよいよ資料提出当日。

だが映像を作れる訳もなく、ただただ丸腰になる浅草氏と水崎氏。

これで映像研は無かったことになるのか?と思ったその瞬間!

近くのモニターの電源を入れ、突然ニュース番組を流す金森氏。

 

そこに映し出されたのは、2階から転落した瞬間の浅草氏だったのだ!

資料として回していた金森氏のスマホのカメラがたまたま捉えていたのだ!

あまりに面白すぎる衝撃映像に拍子抜けした上に公共の電波に乗ったことで仮認可が降りた。

仮認可に不服の様子だがそんな言ってる時間はなかった。

 

最終決定は予算委員会によって決められるのだがその猶予は2ヶ月以内!

その間に活動実績を報告して認められれば(仮)は外されるのだが…それは次回…!!

 

映像研には手を出すな!(ドラマ)【第2話】感想と評判!

力説している時の梅澤の演技力が気迫があって圧倒されちゃいました笑

おでこにメガネを乗せている姿も素敵でしたし、堂々とした姿勢もたまりませんでした!

今回は梅澤回でしたね〜

それではここでTwitterの皆さんの感想を見ていきましょう〜

やはり梅澤さん演じる金森氏へのコメントが多かったようですね~。

見逃した方はTverで1週間限定で配信されているのでチェックしてみてください!