映像研に手を出すな(ドラマ)【第1話】ネタバレ感想!ツバメ(山下美月)が川にダイブ!

今日は『映像研に手を出すな』(MBS日曜24:50〜、TBS火曜25:28〜)の第1話のネタバレと感想についてザッとまとめました!

『月刊!スピリッツ』(小学館)で大人気連載中の大童澄瞳さんのデビュー作『映像研には手を出すな!』が待望のドラマ化ということで放送前からかなり話題になっていました。

その主演を務めるのが乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波の3人です!

映像研に手を出すな(ドラマ)【第1話】ネタバレ

主役3名の役の特徴!

浅草みどり(齋藤飛鳥)・・極度の人見知り、自分の頭に思い描く“最強の世界”をアニメ化するため芝浜高校の映像研に入る

金森さやか(梅澤美波)・・浅草氏に買収され、共に行動している。とにかくお金に目がない。

水崎ツバメ(山下美月)・・カリスマ読者モデル。財閥令嬢でGHQに追われている。

芝浜高校に入学!…するも

413もの部活動と72の研究会その類に属する学生組織がある芝浜高校に入学した浅草みどり、金森さやか、水崎ツバメの3人。

しかし、この芝浜高校にはある校則が!

それは『必ずどれか1つ、部活に入らないといけない』という変わった校則。

そんな校則に戸惑いどこに入るか悩む浅草氏は、金森氏を音曲の牛乳瓶2本で釣って映像研究会(映像研)の部活動見学に同行してほしいと訴える。

いざ映像研の部活動見学へ!

なんとか金森氏を釣ることに成功した浅草氏は映像研が作ったアニメーションを見るために視聴覚室Aで行われる部活動見学へ。

作品が公開されると音と映像、その奥行きに大感動した浅草氏は突如情報量たっぷりの解説を漫画やアニメに興味がない金森氏に力説。

水崎ツバメと奇跡の出会い

そんなカオスな状況をさらにカオスにさせる展開が起きる!

金森氏が浅草氏の解説に呆れていると誰かから逃げてきたように慌てる水崎ツバメが浅草氏の隣の席に座る。

 

いきなりの出来事に驚く2人だがツバメは至って冷静に自己紹介を始めた。

それでも少し慌てた様子で浅草氏のトレードマークである迷彩柄の探検帽を貸してほしいと頼み込む。

パニックになった浅草氏だが、何者かを発見した金森氏は急いで探検帽をツバメに渡す

それと同時にツバメは自分のスケッチブックを浅草氏に渡し、合流したら交換しようと言い残し、怪しい男2人組から逃げるためどこかへ消えて行ったのだ。

逃げ惑うツバメと追う浅草氏

財閥令嬢のツバメは親から頼まれてツバメを追いかける怪しい男2人から逃げ惑っていた。

川沿いを逃げているツバメを対岸で追う浅草氏はその姿を見て、スケッチブックにストーリーを書き込んでいった。

〈ここがオススメ!!!〉

今回の1番の見所は、窮地に立たされたツバメが川にダイブする瞬間です!

ここはぜひ注目して観てもらいたいです!!

意気投合するツバメと浅草氏

怪しい男2人組から逃げ切ったツバメと合流した浅草氏と金森氏。

金森氏の鶴の一声でツバメが描いているイラストを見せてもらえることに!

浅草氏はテンションが上がりそのスケッチブックを見るとそこには自分が苦手とする人物画のイラストばかり。

 

そのイラストに惹かれた浅草氏は一気にツバメに心を開く。

 

その代わりに金森氏が浅草氏のスケッチブックをツバメに見せると、ツバメが不得意とする設定画ばかり。

 

そのイラストに惹かれたツバメもまた一気に浅草氏に心を開いた。

 

浅草が思い描く最強の世界を映像にしたく設定画を描いている

互いにないものに惹かれていく2人。

すると金森氏がツバメに対して「浅草氏と一緒にアニメを作らないか?」と提案!

ここで壹話目は終わり。

映像研に手を出すな(ドラマ)【第1話】感想!

普段の飛鳥ちゃんではない姿が見れたのはキュンキュンしちゃいました!

甘い声といい、甘える姿といい、飛鳥ちゃんファンは余計にとろけちゃいそうな感じです!

梅澤のキャラはもはや梅澤の為にあるのではと思っちゃうほどしっくり来ていて、違和感がゼロでしたね笑

髪が濡れた山下美月ちゃんの姿がとても印象的だったので、そこもぜひ観ていただきたいです!!