竜の道(ドラマ)【原作と違う最終回】ネタバレ感想!復讐の結末!竜一の最後の願いとは?

今回は、『竜の道』最終回を紹介します。

第7話は、霧島が曽根村に殺人依頼をし、その実行を竜一が引き受ける?というお話でした。

最終回は、竜二とまゆみの愛の行方や、竜一、竜二、美佐の安否が気になるところですが・・・

果たして結末は?

以下、最終回のネタバレです。


 

竜の道(ドラマ)【最終回】ネタバレ

 

・沖の追及に竜一と美佐は?

沖(落合モトキ)は調べた情報を、ストレートに竜一(玉木宏)にぶつけた。

詳細まですべて見破られていた竜一は、明らかに動揺していた。

一方竜二(高橋一生)は、まゆみ(松本まりか)と結婚して霧島(遠藤憲一)からすべて奪うつもりだ。

竜二は竜一にこれ以上人殺しをさせたくなかった。

「彼女を復讐に巻き込まないでって、言ったでしょ。」

まゆみから、竜二と結婚すると聞いた美佐(松本穂香)は、「和田は竜一ではないか?」と竜二を問い詰めた。

竜二は「和田さんは竜一ではない」と否定した。

そんな時、美佐の職場に沖が訪ねて来る。

沖から、「悪事を暴く」とほのめかされた美佐は、竜一の会社へ乗り込むが、竜一は留守だった。

 

・凛子の気持ち

美佐に「兄を止めて欲しい」と懇願された凛子(奈緒)は、竜一に「これ以上何処へ行くつもりか?」と尋ねた。

そんな中、再び沖が会社を訪ねて来る。

沖は竜一の指紋を調べて、自分の仮説が正しいことを証明していたのだ。

沖にも過去があった。これまで調べたネタで金をゆすっていたのだ。

それを知った竜一は、沖を相手にしないつもりだった。

しかし後日、沖は記事にしたものを凛子に送りつけ、次に美佐にそれを送ると脅迫してきた。

「私に出来ることはないですか?」

凛子は出かけようとする竜一を呼び止めたが、「お前は別の道へ行け」と竜一は言い、会社を出た。

 

・美佐に真実を話す竜一

竜一はついに、自分の口で美佐に正体を明かした。

「強うなれ。」

子供の頃言った言葉そのままに、竜一は美佐に言い残した。

そして竜一は沖を殺したのである。

 

・兄弟喧嘩の末路

竜一が沖を殺したと知った竜二は、竜一を責めるが、竜一にボコボコに殴られる。

「邪魔するならお前も殺す。」

竜一は竜二に銃を向けた。

その足で竜一は曽根村(西郷輝彦)を訪ねるが、沖が曽根村の息子だったことを知る。

竜一は絶体絶命の窮地に追い込まれた。

 

・竜一の運命

殴られて気を失った竜二は駆けつけた美佐に、「竜一は一人で復讐をしようとしている」と、全てを話した。

しかし竜一が何処にいるのかわからない。

その後凛子が携帯に仕込んでいた追跡アプリにより、竜一の居所を探すのだが・・・。

美佐は曽根村の家を竜一が訪ねたことを、アプリのデータで知った。しかしその後の消息が不明であったため、曽根村に直接居所を尋ねる。ちょうとその頃、凛子が竜一を探し宛てた。

 

・竜一の駆け引き

凛子に助けられ目覚めた竜一は、霧島を呼び出した。

しかし霧島は沖から情報を買って、竜一の正体を既に知っていた。

竜一は霧島の過去の悪事を追及するが、一蹴されて負け犬扱いされてしまう。

しかしこの時、その様子を録画することに成功し、準備は整った。

 

・竜二の野望

竜二の作戦は、キリシマ急便をエニイウェイズに吸収合併させるというものだった。

エニイウェイズと癒着がある大臣に手を回し、水面下でその計画を進めていたのだ。

何も知らない霧島は、エニイウェイズとの正式契約を信じて疑わなかった。

そしてこの時既に竜二を切ると決めていた。

 

・まゆみの愛情

竜二との結婚を霧島は認めなかった。

まゆみは父に言った。

「あんたが弱いのは、愛を信じないから。」

竜二に利用されていたとしても、自分の中に愛があれば良いとまゆみは思っていた。

結局霧島はまゆみに、家を出て行くように言うのだった。

\竜の道はFODとユーネクストで見逃し配信中!/

 

・三人の決断

美佐は二人に復讐の道を選んで欲しくなかった。

しかし、既にその道を選んで歩いて来たなら、仕方がない。

「これからは三人で分け合おう」と美佐は言った。

「辛かったら三人で泣こうよ。」

美佐の言葉に二人は涙した。

「竜一のしたことは、全部俺も背負う」と再び竜二は言った。

元から竜二はその覚悟だったからである。

 

・復讐の完結

竜一と竜二が勝負に出た。二人でキリシマ急便に乗り込んだのである。

竜一は不正の証拠映像を、凛子に頼んでネットに流していた。

そして竜二は吸収合併の件を、霧島に突きつけた。

これでキリシマ急便は、エニイウェイズに飲み込まれ、解散することになったのである。

復讐が終わり、竜一は会社を凛子と砂川(今野浩喜)に託して、そこを出た。

竜二は国交省を辞めた。まゆみとは結婚出来ない。

そのことを知ったまゆみは、「大丈夫、一人でも幸せになる」と言ってくれた。

 

・ラストシーン

その日は美佐の提案で、夕飯を三人で食べることになっていた。

竜二と美佐は一足先に、スーパーで鍋の材料を買い出ししていた。

竜一もそこへ向かっていたのだが、人通りの少ない道で誰かがぶつかって来る。それは大野木の息子だった。

全てを知った少年は、復讐のために竜一を刺したのだ。

竜一は少年に「いいから行け!」と逃がし、ナイフの指紋をふき取る。そして兄弟が待つ場所へ歩いて向かったが、途中で倒れ込んでしまう。

死の間際脳裏に浮かんだのは、兄妹仲良く笑顔で囲む食卓の光景だった。

\竜の道はFODとユーネクストで見逃し配信中!/

『竜の道』最終回の感想

衝撃の最終回、二人は復讐を果たしましたが、竜一は逆に復讐をされて終わりました。

仕方ないですが、バットエンドに賛否両論だと思います。

できれば、竜二とまゆみは別れて欲しくなかったですね。

あと凛子の想いも、個人的にはかなり染みました。

 

次に、視聴後のみなさんの反応です。

面白かった、悲し過ぎるなどの意見が多かったですね。

でもあの少年が、沖の調べたことを見てしまったので・・・

というか、警察もわからなかったことを、あっさりと調べ上げてしまった沖でしたが、大事な情報の管理がなっていない!つまりプロ意識に欠けていた沖。そして、取ってつけたように曽根崎の息子だった沖は、正義の味方ではなくクズでしたね。(笑)

今回は、『竜の道 二つの顔の復讐者』最終回を紹介しました。

本作品の全体的な印象ですが、竜一、竜二の復讐劇の結末は、凄まじかったですね。

8話完結ということで、もう少し見たい!と思うファンもいたと思いますが、その分、初回と最終回はしっかり2時間スペシャルで、応えてくれたと思います。

とにかくストーリーが面白かったし、切なかったですね。

主役の二人のイケメンぶりは勿論ですが、味のある表情やセリフ回しに女性ファンは、熱狂!

遠藤憲一さんの悪役も光り、更に男女問わず松本まりかさんの演技には、毎回高評価の反応が多かった印象です。

ストーリーと役者陣の演技の凄さでは、このクールNo.1ドラマに挙がるかもしれません。