行列の女神~らーめん才遊記【6話】ネタバレ感想!ゆとりが難波(松井玲奈)に勝利した理由とは?

5月25日(月)夜10時から、『行列の女神~らーめん才遊記』第6話が、放送されました。

第5話は、ラーメン店の後継者探しのお話で、盛り上がりましたね。

行列の女神~らーめん才遊記【5話】ネタバレ感想!カリスマ鷹野(音尾琢真)登場!

第6話は、あの『味惑コーポレーション』、難波倫子が、再登場します!

行列の女神~らーめん才遊記
▼放送全話配信中!▼

Paravi

行列の女神~らーめん才遊記【6話】ネタバレ

大手チェーン店『楽麺フーズ』の依頼

ある日、・大手チェーン店『楽麺フーズ』の社長・蒲生(マギー)が、『らあめん清流房』に来店。

目的は、今度オープンする池袋店の、看板メニュー開発を依頼するためだった。

しかしこの依頼は、あの『味惑コーポレーション』とのコンペで勝った方に頼む、という条件付きだった。

結果、『清流企画』のゆとり(黒島結菜)と、『味惑コーポレーション』難波倫子(松井玲奈)との対決が、再び火花をちらすことになった。

ゆとりと白坂の組み合わせ

達美(鈴木京香)はゆとりのサポートに、白坂(小関裕太)をつけることにした。

ゆとりには料理の腕があるが、それだけに走りがち。

一方白坂は、リサーチ力に長け、流行には敏感。反面、クライアントのこだわりや要求を、受け入れようとしない。

そのため、今担当している店の仕事でも、クライアントへの対応が、雑になってしまっていた。

『麺屋まっきぃ』の事情

二人はメニュー開発の参考に、以前白坂が担当した、油そば専門店へ行くのだが、既にその店は味惑コーポレーションを介して、売却されていた。

「何故?」白坂はショックだった。それは彼にとっての初仕事であり、その店の店主・牧原(金井勇太)は、大学の先輩だったからだ。

その時の牧原は、「自分のラーメンへのこだわりを捨てる」と決心し、達美のコンサルティングによって、油そば専門店になった。

結果、ライバル店を閉店に追い込み、店は繁盛していたはずなのに・・・

実は牧原は、別の場所で『麺屋まっきぃ』を開店していた。自分のこだわりを取り戻したかったからである。

今は客が少ないけれど、満足しているという。

『麺屋まっきぃ』で、新作ラーメン・ライスを食べたゆとりは、メニュー開発のヒントを掴むのだった。

コンペの結末は?

ゆとりは、ボリュームラーメンの具材に、ごはんを揚げたものをトッピングした、「オコゲ・ラーメン」で勝負。

このオコゲは、ダシで炊いたご飯なので、そのダシがスープに染み出してくると、違う味が楽しめて、飽きが来ない。

一方難波は、麺を細かく刻んだものを衣にして、揚げた鶏肉を豪快にトッピングした、「唐揚げラーメン」を開発した。

自信満々の難波だったが、投票結果、ゆとりが勝利した。

敗者の理由

今回オープンする池袋周辺の客層は若く、単調な味の方がウケやすい。

難波は、若い男は「舌バカが多い」と表現したが、これを達美は聞き逃さなかった。

コンペ終了後、達美は難波に言った。

「リサーチ主義の落とし穴は、これで食いつくだろうと、お客をナメてしまうこと」だと。

優秀なコンサルタントだと認めているからこそ、難波にアドバイスしたいと思ったのだ。

このコンペは、難波にとっても、白坂にとっても、一歩上へ行くための勉強だったのかもしれない。

達美の職人魂

ある日の帰り、ゆとりは達美が作った、『清流房』の「濃口醤油ラーメン」を食べた。美味しくて、すごい完成度だ。でもワクワクしない。

次に「薄口醤油ラーメン」を食べた。「これ、すごい・・・」と、ゆとりは絶句した。

達美は、「これこそ、私が自分の職人魂をかけて、生みだした作品だ」と、言った。

行列の女神~らーめん才遊記【6話】感想と評判

今回は、ゆとりの料理の腕と、ワクワクのアイディアが、ようやく実を結んだお話でした。難波倫子の再登場も、楽しかったですね。
難波も、白坂も、もう一つの大事なことに気がつきました。

「客をバカにしてはだめだ」というのは、基本中の基本。

見下す気持ちが根底にあれば、相手(客)に必ずや読み取られてしまうと、思いました。

みなさんの反応・評判はと言うと・・

職人のドラマらしく、プロファッショナルな方や、原作愛を感じさせるコメントが多かったですね。見続けることで、通になる!そして、何事も勉強になるのです。

今回は『行列の女神~らーめん才遊記』第6話を、紹介しました。

経営論、クライアントのこだわり、顧客のニーズ・・・。

色々と奥が深いですが、どれも間違っていないということですね。次回第7話も、楽しいお話を期待しています。

行列の女神~らーめん才遊記
▼放送全話配信中!▼

Paravi