MIU404【1話】ネタバレ感想!さすがの野木脚本!キャラ設定がちょっと面白い!米津主題歌も震える~

今回は、『MIU404』第1話を紹介します。

「逃げ恥」「アンナチュラル」の野木亜紀子脚本に、米津玄師の主題歌。

出演陣も、星野源、綾野剛と、個性的な俳優のW主演で、注目度が高いドラマです。

以下、第1話のネタバレです。

MIU404【1話】ネタバレ!

機動捜査隊の働き方改革

働き方改革で、警視庁の機動捜査隊(MIU)に第4部が設立された。

機動捜査隊は元々3部構成だったが、4部が出来たことで、3日に1日の24時間勤務が、4日に1日で済むことになる。

第4機捜のメンバー構成

この部の仮名は「第4機捜」である。

隊長には、警視・桔梗ゆづる(麻生久美子)が任命された。

機捜の仕事は「初動捜査」で、メンバー達はバディを組んで行動する。

巡査部長・志摩一未(星野源)のバディは同階級の伊吹藍(綾野剛)、警部補・九重世人(岡田健史)のバディは同階級の陳馬耕平(橋本じゅん)と決まった。

最初の事件

勤務初日に、志摩と伊吹はあおり運転常習犯と思われる車に、あおられてしまう。その犯人の運転で、通行人の老婆が転倒。

キレた伊吹は志摩の静止を聞かず、無理やり車を止めさせ、運転手と口論になる。

様子を見ていた人の通報で、駆けつけた警察官に、逆に職質をかけられてしまった。

警察だと裏付けが取れ、ようやくあおり運転をした運転手と、話すことが許された。

喧嘩っ早い伊吹を制して、志摩が「ドライブレコーダーには証拠が残っている」と、相手を説得・注意をして、仕事を終えた。

事件は終わっていなかった

しかしその後、その運転手が何者かに頭を殴られ、重傷を負った。

犯人は被害者の車のキーを盗み、車内のドライブレコーダーを盗んでいた。

志摩は犯人の目的と行動を推理しながら、捜査を進めていく。

犯人はあおり運転を仕掛けられたことに腹を立て、追いかけて復讐するという行動に出たのではないか??

行方不明になった老婆

あの時の老婆が、その後行方不明になった。

孫のために買ったおもちゃを、あの転倒の時に失くし、買い直そうとしたが在庫がなく、しかたなく別の店へ行ったらしい。

そんな中、殴打事件の犯人は、実はあおり運転常習者だとわかった。

複数の偽造ナンバーを持つことで、捕まっていないのだ。

つまり、こちらがあおったことに相手が腹を立てたら、追いかけて復讐するという行動をとっていたのだ。

事件解決のカギは、自慢の足

朝方志摩と伊吹は、奇跡的に犯人の車を発見した。

犯人は社用車で犯行を繰り返していたが、出社時だったため、本来のナンバーを付けて走っていたのだ。

逃走しようとする犯人と、激しいカーチェイスの末、車は激しく衝突し横転。そこから伊吹は、自慢の足の速さで、走って犯人の車を追いかけて行った。

そして、ついに犯人を追い詰め逮捕する。

その後、迷子になっていたあの老婆も、無事発見・保護された。

『MIU404』第1話の感想

志摩は伊吹を「野生のカン」と言いますが、とにかく耳が良く、足が速いという事実がそこにあるのです。

エンジン音が同じか違うかわかるのは、「音感」という実力ですね。

次に、視聴後のみなさんの反応です。期待の大きさを感じるコメントが多かったです。

今回は、『MIU404』第1話を紹介しました。

星野源、綾野剛ファンだけでなく、もちろん岡田健史ファンも、待っていたドラマですよね。

加えて、あの「逃げ恥」を書いた野木亜紀子脚本、米津玄師の主題歌という、リスペクト・ポイントが多い、超豪華なドラマでした。

1話に出てきた老婆も、実は超有名声優の平野文さんでしたね。

次週第2話は、7月3日に放送予定です。これからが楽しみですね!

MIU404はパラビで配信中!
  • 2週間の無料体験あり!
  • MIU404など人気作品が見放題!

Paravi