MIU404【10話】ネタバレ感想!久住の意味は?メケメケフェレットが話題にw

今回は、『MIU404』10話を紹介します。

9話は、久住がエトリを殺し、成川は懺悔して逮捕されたお話でした。

MIU404【9話】ネタバレ感想!久住(菅田将暉)がエトリを殺す理由とは?

第10話は、久住がネット操作で、第4機捜やRECを落とし入れます。

以下、第10話のネタバレです。

MIU404はパラビで見逃し配信中!
アンナチュラルも配信!

2週間の無料お試しあり!
▼▼▼

Paravi

MIU404【10話】ネタバレ

エトリの死の謎

エトリは本名だけでなく、整形で顔も変えていたらしい。

何故なら、過去の殺人事件の容疑者だったからだ。

エトリは若い男に使われていたという情報もあり、その男は、コンピューターシステムや、仮想通貨に長けている。

エトリのネクタイピンにGPSがついていて、ドローンはそれを追いかけて爆破されたという事実もわかった。

様々な情報を基に、4機捜は爆弾でエトリを殺したのは、久住(菅田将暉)だと睨んだ。

まず久住の情報を得るため、面識のある成川(鈴鹿央士)から話を聞くことにした。

成川の証言によると、久住とは池袋のシェアオフィスで会っていたという。

成川はもう一つ大きな情報として、「ドーナツEPの工場は日本にもあると聞いた」と話した。

陣馬(橋本じゅん)はこの情報に着目し、交番に協力を頼み工場を調べ始めた。

 

ドーナツEPの拠点

池袋のシェアオフィスは、ドーナツEPの使用者で溢れていた。

伊吹(綾野剛)はそこで熱弁した。「ドーナツEPやっているヤツ!病院行け!」

ドーナツEPは安価だが、それは高額な麻薬の入り口で、自分の人生を台無しにしてしまうということだ。

その場で久住に連絡する者もいたが、勿論久住は出ない。

そして、久住を知っている者たちの情報は、まるでバラバラだった。

久住は自分の過去などを、適当にでっち上げて、相手を信用させていたのだ。

 

久住に使われたREC

久住は浜田と名のり、ナウチューバーREC(渡邊圭祐)に嘘の情報を流した。

①麦(黒川智花)は女詐欺師で、警察幹部の身内であるため、犯罪の事実をもみ消されてきた。

②氏名不詳の男(エトリ)はその女詐欺師を追っていた。

③今回使われたC4爆弾は、警察が過去に暴力団から押収したもの。

④すなわちエトリは、警察に殺された。

というでっち上げの情報を、RECはそのまま動画で流した。

加えて404のことも、独自の推測で語ったのだ。

志摩(星野源)と伊吹は、「情報源の浜田は爆弾事件の犯人・久住だ」とRECに直接怒鳴り込む。

 

桔梗の記者会見

桔梗(麻生久美子)は釈明会見に追われた。

麦の名前は明かさなかったが、「彼女は詐欺師ではなく、自分は親戚ではない」ときっぱりと否定をした。

4機捜にもやましいところはないと説明するが、世論はネット情報に傾き、勢いは止まらない。

その夜、桔梗は志摩と飲みながら、悔し涙を流すのだった。

 

RECのプライド

RECは志摩と伊吹を呼んで、情報元の浜田とパソコンで通話した。

もしも浜田の情報が嘘なら、出し抜いてやりたいと、思ったからだ。

浜田が久住だということは明白だった。

「C4爆弾という情報だったが、違う種類の爆弾だった」と言うと、「間違いなくC4だ」と久住は言った。

久住にはRECが刑事二人といることが、見えていた。

あらかじめ、RECのパソコンを乗っ取っていたのだ。

怒った久住は偽造の爆弾テロを起こした。

SNSやフェイクニュースを作成し、今度は志摩と伊吹を爆破犯に仕立てた。

RECは久住に完敗だった・・・。

 

陣馬の安否は?

ドーナツEPの工場に目星がついた陣馬は、張込みをしていた。

そこから一台のトラックが出てきたところで、「警察だ!」と前に立ちはだかる陣馬。

しかしトラックはそのまま前進し・・・

MIU404はパラビで見逃し配信中!
アンナチュラルも配信!

2週間の無料お試しあり!
▼▼▼

Paravi

 

MIU404【10話】感想

久住の意味は、「クズ見捨てる」ではなく、「クズ見て見て!」という意味かもしれませんね。

“3年A組”の内容と真逆な菅田将暉。

好き勝手やっているという役どころですが、最終回は、逮捕か?死か?

どっちになるのか、注目ですね!

 

次に、視聴後のみなさんの反応です。

やっぱり久住じゃなくても、「メケメケフェレット」は検索してしまいますわ。唐突だっただけに、何か意味があるのか?と思いますよね。

知識欲が強いと、「知らないことは、知りたくなる」ものです。

その検索履歴が???

今回は、『MIU404』第10話を紹介しました。

今週は、久住の独壇場でした。

いよいよ来週が最終回!

スカッとする結末を期待したいですね。