MIU404【2話】ネタバレ感想!ゲストに松下洸平登場!歪んだ心を救ったのは、親の愛。

今回は、『MIU404』第2話を紹介します。

第1話では、警視庁の機動捜査隊(MIU)に「第4機捜」が設立され、桔梗ゆづる(麻生久美子)、志摩一未(星野源)、伊吹藍(綾野剛)、九重世人(岡田健史)陳馬耕平(橋本じゅん)が配属されました。

MIU404【1話】ネタバレ感想!さすがの野木脚本!キャラ設定がちょっと面白い!米津主題歌も震える~

第2話は、松下洸平さんがゲスト出演しています。

以下、第2話のネタバレです。

MIU404【2話】ネタバレ

第4機捜の特別車両

前の事件で、自分たちの車両を廃車にしてしまった、志摩(星野源)と伊吹(綾野剛)。

予算がない中、新しい車が用意して貰えるわけもなく、二人が使う車両は、時々張込みに使われていた、パンの移動販売車だった。

「まるごとメロン」というロゴが入ったその車は、人目を引くデザインで、スピードが出ない。

志摩は不満だったものの、文句を言える立場ではなく、仕方なくその車で伊吹とパトロールに出た。

 

不審車両の追跡

伊吹はパトロール中、偶然不審な車両を見つけた。

運転手の男性も後部座席の女性も、なんだか様子がおかしい。その車には、隠れるようにもう一人乗っているようだ。

そんな時、「近くで殺人事件があり、容疑者が逃走中」という無線が入ったことで、伊吹はその車両に「容疑者が乗っている」と確信する。

志摩は本部に連絡し、車両のナンバーを報告。追跡許可を取り追跡を始めた。

調査の結果、容疑者は加々見崇(松下洸平)。会社の専務を刃物で刺して逃走したらしい。人質と思われるのは田辺将司(鶴見辰吾)と妻・早苗(池津祥子)だとわかった。

 

検問での嘘

不審車両が検問で止められた。

田辺夫妻は加々見を「息子だ」と言って、検問を通過した。

しばらく走った後、陳馬(橋本じゅん)から志摩に電話があり、「田辺夫妻の息子は、13年前に亡くなっている」という事実が伝えられる。

その日田辺夫妻は、息子の墓参りへ行く途中だったのだ。

「本当に人を殺したの?」

どこか息子に似ている加々見に、運命的な出会いを感じた夫婦は、彼の「殺していない」という話を信じることにした。

 

志摩の機転

不審車両が停止した。その隙が志摩にチャンスを与えた。

車を降りた志摩は、不審車両の運転席の窓を叩き、「バックドアが開いている」と声をかけた。

そこからはみ出ているものがあると嘘をつき、バックドアから盗聴器を仕込んだ。同時にその車両に乗っているのは、容疑者だと確認をした。

 

加々見の事情

加々見は「犯人は学生時代からの友人で、同僚の岸だ」と、田辺夫妻に言った。

殺された専務の松村はパワハラがひどく、岸は松村を殴ったことで会社をクビになった。それを恨んで犯行に及んだのだという。

加々見は、故郷の山梨へ逃走した岸に会い、自分の無実を証明しようとしているらしい。

田辺夫妻は13年前、盗みの疑いをかけられた息子を信じてやれなかった。

そのため息子を自殺に追い込んでしまったのだ。

 

田辺夫妻の温情

すっかり加々見を信じた田辺夫妻は、「一緒にご飯を食べよう」と車を道の駅に駐車した。

加々見をまるで息子のように思ってしまった田辺夫妻は、「君に最後まで付き合うよ」と言う。

そこへ追跡していた志摩と伊吹が現れ、加々見の身柄を確保しようとしたのだが、田辺夫妻はそれを遮り、加々見を逃がした。

 

加々見の目的

逃げた加々見は、実家へ戻った。

虐待がひどかった父を殺して、自分も死ぬつもりだったのだ。

「お前のせいで、俺がこうなった。」そう言いたかった。

しかしそこに父はいなかった。2年前に交通事故死していたからだ。

松村はその父によく似ていた。殺したのは岸ではなく、やはり加々見だった。

追いかけてきた志摩は、「あなたは人を殺した」と、諭すように言った。事実を受け止めさせなければいけない。

加々見は、「自分が人を殺した」という事実を受け止めきれず、嘘をついてしまっていたのだ。

 

「ごめんね」

逮捕された加々見に田辺夫妻が声をかけた。

「最後まで付き合うって約束したのに、ごめんね。」

「いつかまた三人でドライブしよう。」

「ごめんね。」

父から聞きたかった「ごめんね」の言葉は、聞けなかった。

しかし田辺の「ごめんね」は、加々見の心の救いになった。

彼は深々と田辺夫妻に頭を下げた後、連行されて行った。

MIU404はパラビで配信中!
  • 2週間の無料体験あり!
  • MIU404など人気作品が見放題!

Paravi

MIU404【第2話】感想と評判

人は誰でも、「自分は悪くない」と思いたいのかもしれませんね。

そう思うことで、無意識に辛くならないようにコントロールしている。

でもやはり、「悪いものは悪い」ということを受け止めなければ、その先が見えてこないのです。

松下洸平さん、複雑な役でしたね。

次に、視聴後のみなさんの反応です。

やはり、スカーレットですっかりメジャーな、松下洸平さんに関するツイートが目立ちましたね。

私も松下さんのピアノの弾き語り、大好きです!必見ですよ、必見!!

 

MIU404はパラビで配信中!
  • 2週間の無料体験あり!
  • MIU404など人気作品が見放題!

Paravi